スポンサードリンク

2009年07月31日

高齢出産ダウン症候群

高齢出産ダウン症候群


高齢出産ダウン症候群とは、21番目の常染色体の異常による先天的な疾患で、新生児の染色体異常
では最も多くなっています。

90%以上が通常より1本多い3本あるトリソミー(数的異常)ですので、21トリソミーとも言われる場合
もあります。

1000人に1人の割合で誕生しますが、妊娠出産時の母親が高齢であると発生率も高くなることが
分かっています。

ある調査結果では、母親の年齢が30歳未満で1500人に1人、30歳〜34歳では800人に1人、
35歳〜39歳で270人に1人、40歳〜44歳で100人に1人、45歳以上になると50人に1人の割合で発生する
とされています。

これは、卵子形成過程に染色体が分離しない染色体不分離が、母親が年をとることによって増加する
ためと考えられていますが、父親に由来しているものもあります。
母親に由来するものと父親に由来するものの比は4:1といわれています。

ダウン症候群の特徴は、生まれた時から筋緊張が弱いことが多いので、体が柔らかく授乳が難しかった
り、授乳に時間がかかったりする場合もあります。

また、外見的な特徴としては、顔の中心部の成長に比べて、顔の外側の成長が大きいため、鼻の付け根
が低く、つりあがった目や、目と目の間隔が広いなどの特徴があります。

約半数の赤ちゃんには心臓などの内臓の奇形が見られ、屈折異常や白内障、停留精巣などを持つ赤ちゃん
もいます。

運動発達や知的発達は遅れがちですが、その程度は人によってさまざまで、中には画家や音楽家と
いった芸術家になった人もいます。
posted by 高齢出産 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢出産ダウン症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

高齢出産のリスク

高齢出産のリスク


高齢妊娠や高齢出産というのは、だいだい35歳以上での妊娠や出産のことをいいます。
女性の身体が年と共に老化し衰えていくに従って、妊娠・出産に対する危険性やリスクも増して
くるので、高齢出産のリスクを回避する注意を喚起しています。

それでは、女性が35歳を過ぎると、どのうように身体が変化していくのでしょうか?

まず、染色体の変化が挙げられます。
人間の身体は普通、22組44本の常染色体と、1組2本の性染色体を持っています。

母親の卵子と父親の精子が受精した時、遺伝子情報は常染色体によって伝えられ、
性別は性染色体によって決定します。

男性の精子は、毎日新しく生まれているのに対して、女性は、一生分の卵子を
持った状態で生まれ、卵子を新しく生むことはしません。

身体が成熟し老化するように、この卵子も年齢と共に成熟し、やがて徐々に老化して
いきます。

卵子の老化によって、染色体の数や構造が変化することを染色体異常といいます。
この染色体異常を持って生まれる赤ちゃんは、赤ちゃん全体の0.6%と言われていて、
染色体の異常の多くは、妊娠初期に流産してしまいます。

染色体の異常で生まれてきた赤ちゃんは、発達遅滞や知的障害などの影響があらわれますが、
異常が起こった染色体の場所によって、症状が違います。

また、同じような染色体異常でも、全く同じ症状ではありませんので、○○症候群という
呼ばれ方がされています。

最近は、医療の発達によって、手術や投薬による治療も可能になっている症候群もありますので
あまり心配しないでください。

posted by 高齢出産 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢出産のリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

高齢出産とは?

高齢出産とは?


女性の社会での活躍などで、中高齢で妊娠・出産をする女性が増えています。
また、無意識のまま自然に任せることで、中高齢での妊娠・出産となる人も、
結構いると思われます。

高年齢での妊娠や出産を「高齢妊娠」「高齢出産」と言います。
一般には、高齢とは、70歳、80歳以上のお年寄りのことを指しますが、
妊娠・出産では「高齢」というのは一体何歳位のことを指すのでしょうか?

高齢出産という言葉は世界保健機関(WHO)でも使用される世界共通語になっていますが、
明確な定義はされておらず、統計上や医学上から、35歳以上の出産のことを高齢出産と
考えられています。

日本では、日本産婦人科学会が、35歳以上の初産婦について「高齢初産」と定義しています。
以前は30歳以上でしたが、30歳以上での妊娠出産の増加や、様々な調査結果によって、
1993年に35歳以上とされることになりました。

高齢出産と聞くだけで、不安に思う女性も少なくないと思いますが、35歳を過ぎたからという
だけで、急に何かが変わるということはありません。

身体が年と共に衰えていくのに従って、妊娠・出産に対する危険性やリスクも徐々に増して
きます。

従って、より安全な妊娠や出産をするために、高齢出産という言葉を、妊娠出産に伴う危険に
ついての基礎知識や、危険の回避・予防のために気を付ける喚起の言葉ととらえていきましょう。

posted by 高齢出産 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢出産とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。